本学院について

セーフティーゾーンを越えた先に

2019.02.12

髙橋 亜樹

(株式会社七十七銀行)

 

▶徐々に変化していった感覚

 

この6か月間で、こんなにも思考やビジョンが変わるのか!という経験ができました。

まず、他者との関わり方が変わりました。今までは一人でする仕事が好きで、仕事の進め方は「分業」がスピーディーで効率的だと思っていました。

人に相談することや頼ることも自分の弱みを見せるようで、とても苦手でした。

しかし、この学院において、多様な価値観を持ち、各フィールドで活躍するメンバーと共に学び、何かを作り出すという過程で、徐々に私の思考が変わっていきました。

各々の意見が食い違い、時に衝突することもあったし、物事がうまい方向にいかないこともありましたが、それはむしろ、自分の持つ固定観念や、既成概念をとび超えるきっかけになっていたのだと思います。

 

 

▶セーフティーゾーンを越えた先に

 

私たちはどうしても、他者との衝突を避け、物事を円滑に進めるために、同質の、あるいは同じ考えを持った人間と行動しようとします。

でもそのセーフティーゾーンを一歩飛び越えた場所に、学びと成長がありました。

多様性を受容・共有することで、新たな価値を生むという体感は、この学校でなければ経験できなかったことです。

 

▶自分軸を持つことで得た成長

 

そしてもう一つの成長は、自分軸を持つことを決めたことです。

私がこれまで感じていた悩み・課題は、キャリアをどう形成していく“べき”か等、会社や他人からどう見られ、どう評価されたいかという「他人軸」が原因でした。

自分がどうしたいのか、社会とどう関わっていきたいのかという「自分軸」がなければ、いつまでも自分の進む道を選ぶことができず、充足感を得られないのです。

この学院において、何度も何度も内省し、自分の本当の心やニーズを掘り出します。

それはとても苦しい作業ではありましたが、自分でも知らなかった本当の思考や価値観、欲求を発見することができます。

この6か月間で確固たる自分軸を見つけることはできませんでしたが、それを探す行動のきっかけを与えてくれた日本女子経営大学院に、心から感謝をしています。